クランジンプラスで膀胱炎予防ができる?

普通のクランベリーサプリと何が違う?

ドクターズチョイスのクランジンプラスは、大腸菌に対し抵抗力をアップしてくれる成分が豊富に配合されています。

キナ酸とDマンノースを保有するクランベリーエキスが配合されているだけでなく、更に、様々な乳酸菌を含む生菌ブレンドやビフィズス菌などが含まれています。

この組み合わせが膀胱炎の予防に良いそうです。

実際、定期購入率が高い事からもその必要性が確かなものだという事がわかりますが、実際にどういう成分なのか掘り下げていきたいと思います。

クランベリーエキスで足りない殺菌力を乳酸菌類を色々な種類追加する事で、大腸菌に強い膀胱炎対策に特化したサプリメントと言えますね。

また、キナ酸は、クランベリー以外にコーヒーなどにも含まれている成分ですが、体内に入ると馬尿酸に変化し、膀胱内を酸性に保つ作用があるそうです。悪玉菌は、アルカリ性環境で繁殖するので酸性側になっていると繁殖力が抑えられます。

さらに、クランベリーには、Dマンノースという成分が含まれています。

この成分が膀胱炎予防には重要です。
Dマンノースは、体内に吸収され最終的に膀胱内にたどり着きます。

そこで、大腸菌などの悪玉菌を吸着し尿と一緒に排出される。つまり、Dマンノースは膀胱内の悪玉菌の清掃係というわけです。

クランベリーをベースとした乳酸菌(生菌)ブレンド

膀胱炎のサプリメントとしてクランベリーだったり、粉末を固めたサプリなどが人気ですが、正直、これだけでは対策できたと言えません。

それなら、毎日クランベリーを食べている人は、膀胱炎にならないと言っても過言ではないからです。

この部分がドクターズチョイスのCran Gyn Plusのオリジナル要素。

クランベリーだけでは足りない部分を補う事が必要で、その為に、生菌ブレンド(数種類のラクトバチルス菌とビフィズス菌など)を配合しているのです。

これらの菌は、カンジダの予防サプリメントにも用いられているものと共通していて、悪玉菌の繁殖を防ぎ体の内側の細菌バランスを正常に戻す上でも有効なようです。

クランベリーエキス(キナ酸・Dマンノース)に加えて生の善玉菌をブレンドする事により、膀胱炎予防の効果が十分に期待できるレベルのサプリメントになっているのではないでしょうか。

体質を改善して膀胱炎をしっかり予防できる体になりたいなら、試してみる価値はあると思います。

予防には膀胱炎の環境維持が欠かせない

  • 「膀胱炎の市販薬には抗生剤は無い…」
  • 「抗生剤が欲しいなら病院へ行くしか…」
  • 「そんな頻繁に病院には行けない…」
  • 「抗菌してもまたぶり返すだけ…」
  • 「市販薬に殺菌力は無いし…」
  • 「再発を予防する方法が知りたい…」
  • 「サプリメントで予防できたら良いのに…」

膀胱炎になる度に病院へ行くのは大変です。
できる事なら、二度と再発させない方法を知りたい。

それに、病院の治療は対症療法。
つまり、症状が出てないと保険適用されません。

加えて、抗菌薬の使用は一時的な殺菌に過ぎないそうです。

抵抗力が落ちたままだと再発しやすい。
大腸菌が増えて、また病院のお世話になる…。

この事実を知らずに、膀胱炎の度に病院通いの人も少なくないようです。

体内環境を改善しないと何も変わらない事を何度も繰り返しているなら、嫌と言うほど実感しているハズです。

「それなら、体質改善に最も近い方法は?」

中でも有用性の高いのがクランベリーの成分であるキナ酸ですが、さらに、クランベリーに含まれるDマンノースが重要と言われています。

最もナチュラルな方法を選ぶなら、まずは、クランベリーがキーワードです。

市販薬で膀胱炎を防ぐ事はできない?

「でも、なぜ市販薬で治せるものは無いの?」

まず、抗生物質以外の薬となると、ドラッグストアで購入できる市販薬となりますが、膀胱炎で使える市販薬は、排尿を促す働きの薬しかありません。

今まで、膀胱内は無菌状態と考えられてきました。なので、沢山尿を出して大腸菌を排出すれば良いものと考えられているから、こうした薬が多いのかもしれません。

膀胱炎市販薬の中でも、効果があるという口コミも多いのが腎仙散(じんせんさん)ですが、これも結局は、膀胱炎になってからの対処法。

それに、”味がものすごく不味い”というレビューもある程ですが、これは、漢方薬なので仕方ないですね…。

排尿を促す方法なら、薬以外にも有ります。

市販薬には頼らず、水を沢山飲んだり、コーヒーを飲んで排尿を促すという方法でも得られる効果は同じです。

ちなみに、コーヒーにもキナ酸は含まれるそうですよ。

ただ、薬の方が効きそうに思えるのは、「他にも、色々と膀胱炎に効く成分が入っているんでしょ?」という期待値の高さです。

意図的に水をたくさん飲むのもまた大変。

部屋で療養中ならまだしも、仕事中、移動中は、難しい。特に、電車や飛行機での移動と重なると大変です。

健康の為にも”1日2リットルの水を飲むのが良い”というような情報もありますが、実際には、体を冷やしたり、下半身のむくみの原因となるので、良くないそうですよ。

クランベリーのドライフルーツなら?

「薬も効かない、民間療法もイマイチ…。」
「そうじゃなくて、予防!」

解決に繋がる方法じゃないと意味がありません。

となると、前述の通り予防効果の期待できる食品として有名なクランベリーが候補。

実際に膀胱炎予防の為として、クランベリーのドライフルーツを利用している方も多いようです。

しかし、ドライフルーツは、衛生環境が悪いとカビが発生しアレルギー症状を引き起こす場合もあるので、そうした部分で十分に安全性をクリアしていないといけません。

それに、予防の為に毎日続けるのが大変だし量の割に高額。

量の割に得られるクランベリーの有効成分の量が限られます。私も一時期食べていましたが、少ない割に結構良いお値段なので、続けるのをためらいました。

結局、ドライフルーツよりはサプリメントの方が安定だし価格もお手頃。

でも、どのクランベリーのサプリメントも結局は、クランベリーをどれだけ含むかの違いしかありません。

クランベリージュースも同様に、糖分(フルクトース)が含まれるので糖質の摂取量が増えてしまう事に注意しなくてはなりません。

このように、膀胱炎の予防として取り組める事も色々と有りますが、それらの違いを理解すると、最終的にドクターズチョイスのクランジンプラスが手段として適している事が実感できるのではないでしょうか。

掲載されているレビューも参考になります。